Excelで作業をしているときに、ひらがなと英数字を切り替えるのが面倒な時があります。

そんな時は入力規則の機能を使ってみると少しはマシになります。

Excelの入力規則ってこんな奴

 

Excelの入力規則という機能はどんな機能かというと、ユーザーがセルに入力できるデータの種類または値を制限することができる機能です。

 

自分も完全に理解はしていませんが、ざっくりいうと、入力規則を設定したセルに対しては、整数しか入力できないようにしたり、指定されたリストのデータのみ入力させたりすることができたり等々、Excelのユーザーに制限を加えることができる機能です。多分。

 

 

Excelの入力規則の使いどころ

 

 

で、税理士業界で働いていると、上の画像のように、Excelで現金出納帳や経費の集計表のようなものを作って管理していることはよくあると思います。

 

税理士事務所側で作成していることもあれば、税理士事務所が顧問先に対して作成してもらうようにお願いしていたりすることも結構あると思います。

 

この出納帳みたいなヤツを作成するときに、全角入力で日付欄や金額欄を入力しても別にいいんですが、そうするといちいち変換する手間がかかってしまいます。

 

何が言いたいかと言うと、例えば全角で日付を入力するとこんな感じになります。

 

 

この場合、F10キーを押すことで<1・29>から<1/29>へ変換することはできますが、毎回毎回、F10キーを押すのも面倒くさいですよね。。。

 

<日付欄>は半角入力

<摘要欄>はひらがなで入力する機会が多いはずなので全角入力

<金額欄>は半角入力ができれば入力がスムーズにできます。

(当社調べ。)

 

こんな時Excelの入力規則機能を使うと効率的です。

 

入力規則の使いかた、設定方法

 

今回、ExcelのA列は半角英数で入力したいのでA列を選択した状態で

<データ>タブ→<データの入力規則>へ進みます。

 

 

次に、<日本語入力>タブを選択して画面上にあるリストから

<オフ(英語モード)>を選択します。

 

 

選択したら右下のOKボタンを押して終了します。

これでA列は常に半角英数文字による入力になります。

 

続いて、ExcelのB列は日本語で入力したいので、上記のやり方と同じようにまずB列を選択した状態で<データ>タブ→<データの入力規則>へ進みます。

 

次に<日本語入力>タブを選択して画面上にあるリストから

<ひらがな>を選択します。

 

 

選択したら右下のOKボタンを押して終了します。

これでB列の入力は切り替えしなくても常にひらがなで入力ができる状態になります。

 

C列についてはA列の設定のやり方と同じですので、A列と同じやり方をしていただければ大丈夫です。

(最初からA列とC列を選択した状態で入力規則の設定をしても大丈夫です。)

 

まとめ

 

入力規則を使うことで変換の手間を減らして効率よく作業ができるようになるので試してみてはどうでしょうか?

 


【本日の近況報告】

創業融資をうけるため近所の政策公庫へ事前相談へ。

自分で体験した融資の経験を業務にも落とし込めるように

したいですね。

税務ソフトをJDLで運用する事にしたので早速契約してインストール完了。

これでとりあえずは会計ソフト、税務ソフトが揃ったので税理士業ができます。

【本日の1曲】

The Who /A Legal Matter

 

先日、久しぶりに聴く機会がありました。

イントロが素敵です、曲ができた年代は古いのに、今聴いてもまったく古くない!

follow us in feedly