そこまで頻繁に使わないからアップルペンシルの代用品としてJAMJAKEスタイラスペンを試してみた。

2020年に発生した新型コロナウイルスの影響で対面による打合せの機会が激減し、オンラインによるビデオ通話などで打合せをする機会がものすごく増えました。

大なり小なり、自分も影響を受けており、打合せ等に関してはほぼほぼオンラインになっています。

オンラインの打合せの流れに関してどーのこーのいうつもりは無いですし、移動の時間が省ける分使える時間が増えるのでそれはそれでいいのかなと感じています。


で、このオンラインの打合せ時に役立ちそうなデジタルペン「JAMJAKEスタイラスペン」を購入したので使用感などをレビューしてみようと思います。

オンラインの打合せの時にサッと図を書いて説明したい時がちょくちょくある。そんな時にデジタルペンが必要と感じていた。



税理士業務を行う範囲でデジタルペンを使うシチュエーションとしてはそこまで多くないです。


自分の場合はせいぜい会計データのチェックをする時とか、申告書のチェックをする時とか、オンラインで打合せをしている際にちょっとした図や線表などを使って説明をする時に「あればいいなぁ」くらいなもんで、絶対ないとマズイ。って感じではないです。


ですがオンラインの打合せ時に口頭だけで説明するよりも、手書きであったとしてもその場で簡単な図を描いて説明するほうが相手に対して伝わりやすく相手の理解も得やすいのではないかと思っていたのも事実。


具体的には消費税の納税義務とか、個人事業から法人を設立した際(法人成り)の説明などを最近よく聞かれましたが、こんな時には口頭で説明するのに加えて図があればわかりやすいですよね。


事前にパワーポイントなんかで使いまわしができるような図や資料なんかを作成しておいて、それを画面共有して説明したらいーじゃん。という話ではありますが、いっつも忘れてしまって手をつけていないのが正直なところです。

ZOOMの機能には標準でiPadと画面共有する機能がある。(ことを最近知る)


最近知りましたが、ZOOMの画面共有機能には標準でiPadの画面を共有する機能があります。


この機能を使えばiPadのメモアプリなどの画面を共有することできるので、オンラインの打合せ中であっても簡単な図などであればササっとiPadでデジタルペンシル使って作成すれば画面上で相手と共有することができ理解を得やすくすることができます。


もし、ExcelやPDF等のデータ上にメモ書きをしたい場合にはミラーリング機能があるアプリ等(LetsViewとか)を使用することで解決することができます。(これも最近知った。)


この作業を可能にするにはやはりデジタルペンが必要になります。


100円ショップで売っているようなデジタルペンでは細い字などが書けないのでどーしても力不足になってしまいます。

JAMJAKEスタイラスペンをアップルペンシルの代用品として購入してみた。



冒頭でも書いたように、毎日毎日オンラインの打合せがあるわけでもないし、毎月毎月申告書のチェックをするほど大量の仕事があるわけでもないので、ペンシルの使用頻度としては全く高くないんです。当然イラストもかかないわけで。


なので、純正のアップルペンシルを買うのに抵抗がありました。特に価格面で。


自分の状況を見たときにペン1本に1万以上出す価値をどうしても見出すことができませんでした。使用頻度が高ければ迷わず購入したとは思うのですが。。。


なので代用品になるようなものがないかGoogle先生に聞いてみたところ、良さようなものを教えてくれました。


それがこのペン。購入時点ではamazonでの評価も高かったです。↓




購入にあたってこだわって点としては

  • パームリジェクション機能があること(これがあれば画面に手が触れていてもペンを認識してくれる)
  • ある程度細かな線を描くことができること。
  • 値段が5千円程度であること
  • 筆圧の関知機能は不要

こんな感じです。パームリジェクション機能だけが譲れない機能であとは正直どーでもいいかんじです。自分の場合は。

使ってみた感想



届いてみて早速使ってみました。使ってみた感想としては

「これで十分。(自分の場合は)アップルペンシルいらないな。」

って感じです。

iPadのメモアプリで試してみましたが、細かな文字も書けますし、パームリジェクション機能のおかげでiPad上に手が触れていても問題なくペンを認識してくれます。


磁気吸着機能もあるので金属のものにくっつきます。

なので自分はペン立てに入れずにパソコンのモニターアームの金属部分にくっつけています。

これなら使いたい時にサッと使うことができます。

耐久性については使い始めたばかりなのでペン先がどのくらい使えるのか不明ですが、毎日使うものでもないですしある程度は長く使えるのかなと。

あと、購入時にペンの先端の交換部品も同封されているので心配はしていません。

何より純正のアップルペンシルの3分の1の値段ですから多少のことは割り切っています。


まとめ


イラスト書くわけじゃないし、使用頻度がそこまで多くないし、安く済ませたい人や、ちょっとどんな感じか試してみたいって人にはいいかもしれません。

ちなみにアップルペンシルの純正品を使うのが一番いいのは百も承知です。

使い続けてみてすぐペン先が使えなくなるとか、イマイチだったらその時はおとなしく純正品を購入しようと思います。


これで、打合せの際の簡単な図の作成とか申告書のチェックとかの業務が捗りそうな予感がしています。ペーパーレスにもつながるかもしれません。


自分と同じような状況の方がいらっしゃいましたら試してみてはどうでしょうか?

購入時はお持ちのiPadがこのデジタルペンに対応するiPadかどうか確認する必要があるのでお気を付けください。





【本日の近況報告】

ウイスキーが好きなんですが、メルカリというオークションアプリで家に眠っているニッカウヰスキーの竹鶴12年が2万円を超える値段で売買が成立されているのを知り、一瞬出品しようか心が揺れました。買った時は3000円くらいだったような。。。

【本日の1曲】


Ranking Jnr / Legacy (with The Ordinary Boys)

Spotifyを流し聞きしていたらおススメに表示された1曲で、オーディナリーボーイズの新曲だとか。

オーディナリーボーイズって自分が大学生くらいの時に聴いていたのでもう15年以上前のことなんですね。曲は当時と変わらずスカのテイストがあっていい感じです。

この曲には個人的にすごいところがありまして、この曲を一緒に歌ってる人がランキングジュニアって人なんですが、この人のお父さんがランキングロジャーって人なんです。

でもってこの人はスカバンド、the beatのフロントマンやってたみたいで、2019年に亡くなっているみたいなんです。

youtubeでこの曲のPVが見れるんですが、それ見るとこの曲は息子であるランキングジュニアが父に対するリスペクトの意味を込めて作った曲のように思えてきます。

でさらにこのランキングロジャーさん、あのクラッシュのロックカスバのデモ音源でボーカルやってた人みたいなんです。

自分の好きなバンドってどっかで繋がってることが判明してなんか妙に納得してしまいました。